ロカンダ・デッレ・ファーテ、7/21に40周年記念兼引退コンサート第1弾開催決定

40年にわたり活動を続けてきたイタリアン・プログレを代表するバンド、ロカンダ・デッレ・ファーテ(Locanda delle Fate)が40周年を境に引退するようです。

 

その引退ツアーの一貫として、7/21に第1弾のライブをイタリアでやるらしいという情報がベースのルチアーノ・ボエロ本人から入ったので共有しておきます。興味のある方はどうぞ。

↓↓↓
f:id:sankakubuchi:20170715190200j:image

 

折角なんで少しロカンダについて触れておきますね。

 

https://youtu.be/DsASFWGM95Y

↑ロカンダと言えば、やっぱり「妖精」でしょう。イタリアン・プログレを象徴するような美しいメロディーのシンフォはもはや伝統芸能ですが、このアルバムは格別に美しい。普通の人を(イタリアン・)プログレ沼に落とすには充分すぎるアルバムだと思います。

 

妖精+2 (紙ジャケット仕様)

妖精+2 (紙ジャケット仕様)

 

 

 

https://youtu.be/t_m38NlF4zs

↑近年のロカンダのアルバムもかなり出来が素晴らしく、ヘヴィ・シンフォの王道を往くバンドだっただけに、引退はかなり寂しい…。

 

ザ・ミッシング・ファイアーフライズ

ザ・ミッシング・ファイアーフライズ

  • アーティスト: ロッカンダ・デッレ・ファーテ
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2012/02/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

最近はI POOH(イ・プー)の引退もあったことで、イタリアンロックにおける一時代の終わりを感じます。

 

新世代がどんどん引き継いでくれるといいんだけどね…。